産科ブログ「すずらんにっき」
  • ホーム
  • 産科ブログ「すずらんにっき」
2018年05月24日 パパとママのつぶやき~生命が生まれたとき~(14)

5月に入り、だいぶ温かくなってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
先月、当院で出産されたお母さんから感想を頂いたので紹介します♪
 
出産予定日一か月前で破水し、かかりつけの病院からKKRさんに運ばれ出産となりました。初めての出産だったので、これからどうなるんだろうという不安と、破水したことで赤ちゃんが大丈夫なのかという心配とで精神的にとても辛かったです。でも助産師さん達が何度も励ましの言葉や優しい言葉をかけてくださったおかげで無事に出産することができました。出産後もちょっとしたことでもその都度親身にお話を聞いて下さったので、相談しやすくとても安心しました。最初はどうなることかと思いましたが、KKRさんで出産できてよかったです。関わってくださった先生や助産師さん、スタッフのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

妊婦健診を受けていた病院とは違う病院に搬送され、とても不安だったと思います。
無事に出産でき、笑顔で退院された姿が印象的でした☆
出産はどんな形でスタートするかわかりません。
皆さま1人ひとりに寄り添い、思い出に残る出産体験となるようにスタッフ一同、心を込めてケアをさせて頂きます♪

​​
2018年05月15日 お産をすすめるコツ(3)
お産をすすめるツボがあるのをご存知ですか??
「三陰交(さんいんこう)」といい、安産に効果があると言われています。
また、お産だけでなく生理痛や冷え性、産後の回復などにも効果があると言われているんですよ。
 
場所は、くるぶしの内側から手の指4本くらい上の位置にあります(写真参照)
 
3-5秒かけてゆっくり押してみてください。
 
また、温めることにより痛みがやわらぐと言われています。
陣痛中、足浴で足をあたため、三陰交を押してみるのもいいかもしれませんね。
 
 
※効果は個人差があります。
※妊娠中は、ツボを押すことにより早産につながる可能性もあります。押してもいい時期や押す場所、押し方に関しては、助産師に聞いて下さいね
kcg1uk0000008bvc.jpg kcg1uk0000008bvx.jpg

 

​​
2018年05月08日 パパとママのつぶやき~生命が生まれたとき~(13)

3人のお子さんを当院で分娩された方から出産の感想を頂きました☆
自分らしいお産ができるように、満足のいくお産ができるように助産師は全力でサポートしていきますよー!

kcg1uk0000008bf3.png

kcg1uk0000008bgh.jpg

​​
2018年05月02日 お産をすすめるコツ(2)

お産をすすめるコツは「リラックス」することです。以前、陣痛中の姿勢についてご紹介しましたが、今回は、リラックス方法の1つとしてアロマを紹介したいと思います。

当院では、陣痛中にリラックスできるようアロマデューサーとアロマオイルをご用意しています。ラベンダー、レモン、グレープフルーツ、スイートオレンジ等の種類があり、リラックスや疲労回復などの効果があります。痛みや緊張で身体に力が入りすぎると、スムーズにお産が進まないことがあります。陣痛の合間で、全身の力を抜いてリラックスすることで、お産がスムーズに進むと言われています。リラックス方法のひとつとして、アロマの良い匂いの中で過ごしてみるのもいいかもしれません。お産のとき、使ってみたい方は、ぜひスタッフにお声がけ下さい。
kcg1uk0000008b6b.jpg kcg1uk0000008b6y.jpg

 

​​
2018年04月09日 パパとママのつぶやき~生命が生まれたとき~(12)
当院でご出産されたお母さんから、感想をいただきました。
今回は3人目のご出産ということで、入院中にはお兄ちゃんとお姉ちゃんが、赤ちゃんに会いに来てくれていました♪
ご出産おめでとうございます。
 
kcg1uk00000086vx.jpg
 
KKRでの出産は今回で3回目になりますが、3人目だから上の子達よりはやく産まれるだろうと甘く考えていました。1日目は内服するが進まず。2日目は朝から点滴を始めて徐々に陣痛は強くなっていきましたが、子宮口は4cmまでしか開かず、赤ちゃんも動いて下の方へと行ったり、横になったりうまくいかず、点滴を夕方に終了すると陣痛の波も徐々に遠のいていくのを感じて「今日もダメなの」と心が折れました。夜中に産まれる事もあると助産師さんから言ってもらいましたが弱まっていく陣痛、不規則な陣痛を感じながら、夜中から朝まで痛みと戦い、3人目なのになんで?本当はまだお腹にいたいのに自分達の都合で産もうとするから?もう若くないし持病もあるから体力がないのかな?本当に自分の力で産めるのかな?赤ちゃんは苦しくないのかな?と不安で一杯になり泣いていました。次の朝「点滴をするのでLD室に行きますね」と助産師さんが言ったあと、私は泣きながら「もう点滴したくなくて、先生と相談して帝王切開にできますか」と伝えました。出産ラッシュで忙しい中でも助産師さんは嫌な顔をせず私と向き合ってくれました。先生に「もう辛くて体力も自信もない」と伝えると、先生は「今日は産まれるから!昼過ぎまで点滴してダメだったら考えよう!」という事になりました。緊張と不安の中、点滴が始まりリラックスできなかった私に、助産師さんはアクティブチェアーを出してくれたり、アロマを焚いてくれたりとお産が進むようにしてくれました。立ち会いの夫も1日目、2日目以上に頑張ってくれ、腰を押してくれたり、一緒に子ども達の写真や動画をみたりして過ごしました。点滴が始まって1時間半で強い陣痛に近づいてきましたが、子宮口はまだ4-5cm。「やっぱりダメか」と思った時、破水が突然起こり、そこからはあっという間で、45分程で出産することができました。呼吸が上手くいかずに両手が動かせないくらい痺れてしまった時、「上手ですよー」と言いながらどうやって呼吸をすると楽になるかわかりやすく声をかけてくれ、励まして、同時に赤ちゃんも取り出してくれる助産師さん達には本当に感謝しています。無事にまた同じ顔の赤ちゃんに会う事ができました。3人目にして忘れられない出産となりました。
今思えば助産師さんたちのしっかりとしたケアがあるからこそ、先生の言葉には自信があったのかなと思っています。心から、ありがとうございました。
​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。