診療科紹介
放射線科
概要

当院は札幌市の豊平区、清田区、南区でただひとつの放射線治療施設です。入院して放射線治療を受けることもできます。「対話、診察、人間味」をモットーに日々の診療にあたっております。

ユニークな診療
  • 乳房温存手術の後に行われる放射線治療は25~30回(5~6週間)が一般的ですが、当院は16~20回(3~4週間)で済む治療法に対応しています。治療が早く終わるうえに皮膚が赤くなりにくいので好評です。
  • 甲状腺眼症(バセドウ病眼症)の治療経験は豊富です(下表)。
  • ケロイドは約一週間の治療で6~8割治すことができます。
診療実績

過去十年間(2006年4月~2016年4月)に2,894例(新患実人数)の放射線治療を行ってまいりました。

主な内訳  症例数
乳がん 1,167例(40%)
肺がん 579例(20%)
前立腺がん 184例(6%)
甲状腺眼症 162例(6%)
子宮頸がん 74例(3%)
ケロイド 67例(2%)
喉頭がん 60例(2%)
スタッフ
永倉 久泰
役職等 部長
専門領域 放射線腫瘍学(特に緩和照射)
その他 日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本放射線科専門医会・医会理事
外来医師担当表
​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。