診療科紹介
腫瘍センター(腫瘍内科)

腫瘍内科、緩和ケア科、化学療法部からなるセンターです。腫瘍(がん)の増加に伴う社会的なニーズに対応するよう設けられました。 がんの診療に精通する医師・看護師・薬剤師を揃え、またがん診療に関わる他の診療科とも協力して、集学的治療(化学療法、外科療法、放射線療法、緩和ケア)と包括的治療(がん治療、支持療法、精神的ケアなど)に当たっています。

腫瘍内科
概要

主に固形がんの薬物療法(抗がん剤、分子標的薬、免疫治療薬)を専門とする診療科です。総合病院の利点を生かして、他の診療科と密接に連携しながら、薬物療法のみならず放射線療法、外科療法も含めた集学的がん治療に取り組んでいます。また緩和ケア科とも連携して、がん自体の治療のみならず、それに伴う副作用の軽減(支持療法)や精神的ケアにも配慮した包括的治療を心がけています。診断から治療、終末期まで一連の"患者中心のがん診療"をめざし、またこれらを"安心して受けられる環境"づくりを心がけています。
肺癌をはじめとする胸部悪性腫瘍、消化器癌を中心に、頭頚部癌、泌尿器癌、原発不明癌、肉腫などの診療も幅広く行っています。(消化器内科のページはこちら

また日常生活の質に配慮した外来化学療法の充実のため、外来化学療法室と共通のスタッフを配置し、綿密な連携を図っています。

当院は日本がん治療認定医機構認定研修施設および地域がん診療連携拠点病院に認定されていることから、日常臨床における癌治療に加えて全国の施設と共同で非常に多くの抗がん剤臨床試験に積極的に取り組み、新しい抗がん剤治療の情報発信も行っています。

ユニークな診療
  • 最新のデータ(エビデンス)に基づいたがん診療
  • 新薬の迅速な導入
  • 各種臨床試験の参加
  • 患者さん個々に合わせたクリティカルパスを実行
  • 患者参加型がん診療 (患者勉強会、患者サロンなど)
  • 頭頚部癌、泌尿器癌、原発不明癌、肉腫に対する化学療法や放射線療法
診療実績
がん薬物療法件数
2017年 2018年 2019年
外 来 2,347 2,319 2,669
入 院 1,155 898 1,205

(単位:件)

化学療法レジメン一覧

当院で登録している化学療法レジメン一覧です。

HPレジメン掲載.pdf

スタッフ
  • 小池 雅彦(副院長)
  • 小島 哲弥(腫瘍センター長 兼 入院・外来化学療法センター長 兼 治験管理センター長)
  • 曽我部 進(腫瘍内科部長 兼 入院・外来化学療法副室長)
  • 小林 良充(腫瘍内科医長)
​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。