診療科紹介
整形外科
概要

当科は「下肢の関節外科」と「脊椎・脊髄の外科」を中心とした治療を行っています。経験豊富な3名の整形外科専門医が常勤しており、うち1名は脊椎脊髄病(背骨の疾患)の専門医です。


脊椎・脊髄外科の主な治療対象疾患は、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、脊柱靱帯骨化症、骨粗鬆症、脊椎外傷などです。下肢関節外科では、変形性関節症をはじめ、四肢の骨折など幅広く扱っています。これらの疾患に対して手術治療の他に、各種保存療法を行っています。


バイオクリーン手術室を持ち、股関節の人工骨頭置換手術や人工股関節全置換手術、人工膝関節全置換手術、脊椎固定術の際の感染予防に万全の体制を整え、治療にあたっています。
人工膝関節全置換手術や脊椎固定術では必要に応じて手術後回収自己血輸血治療を実施しており、同種血輸血(一般的な輸血治療)を回避するように努力しています。


股関節の人工骨頭置換術では認知症の患者さんでも手術後に人工骨頭の脱臼が起きにくいような手術手技で治療に取り組んでいます。


骨折外傷の治療についても、足関節・膝関節・股関節(大腿骨頸部)・手関節・肩関節近傍の骨折手術を中心とした症例が多く、早期手術治療・早期リハビリテーション・早期社会復帰を目指した治療計画(地域連携パスの利用も含め)を立てています。


当科は、北海道大学医学部整形外科と連携して治療に当たっており、上肢の外傷で待機可能な症例では、大学から手術や外来診療に応援をいただいております。

ユニークな診療

股関節の外傷である大腿部頸部骨折において、人工骨頭置換術では認知症の患者さんでも手術後に人工骨頭の脱臼が起きにくい手術手技で対応しています。


また、腰椎の固定術では従来法の椎弓根スクリューによる固定術以外に侵襲を小さくしたCBT法でスクリューを刺入し、良好な手術成績を獲得しています。2名の脊椎外科医による頸椎と腰椎の同時除圧術なども実施しています。


高齢者の脊椎多発骨折例ではPTH製剤を用いた骨粗鬆症の薬物療法を積極的に導入しており、一部の透析患者の椎体骨折やステロイド性骨粗鬆症患者、骨脆弱性骨盤骨折患者でも良好な骨癒合や骨粗鬆症の改善が得られています。

診療実績

H27年度の手術件数は213件、215例であり、内訳は下記の通りです。

 

  • 脊椎 94例
  1. 頸椎:椎弓形成 10例、前方固定 2例
  2. 胸椎:前方固定 1例、後方固定 3例、後方除圧 3例
  3. 腰椎:ヘルニア摘出 9例、後方固定 25例、後方除圧 30例

など

 

  • 下肢 104例
  1. 大腿骨近位部骨折:骨接合 41例、人工骨頭 15例
  2. 下腿骨骨接合:15例
  3. 下肢切断 3例
  4. アキレス腱縫合 4例
  5. 人工膝関節置換術 14例
  6. 人工股関節置換術 5例

など

 

  • 上肢 44例
  1. 前腕骨骨接合 13例
  2. 上腕骨骨接合 8例
  3. 鎖骨骨接合 2例
  4. 肩腱板手術 1例
  5. ばね指手術 4例
  6. 手根管開放 3例

など

スタッフ
重信 恵一
役職等 整形外科部長
専門領域 脊椎外科、骨粗鬆症の薬物療法
その他 日本脊椎脊髄病学会指導医
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会スポーツ医
日本骨粗鬆症学会認定医
加藤 竜男
役職等 関節外科部長
専門領域 下肢疾患、人工関節
その他 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医
原谷 健太郎
役職等 医員
専門領域 脊髄外科、一般四肢外傷
その他

日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医

日本スポーツドクター協会認定医

外来医師担当表
​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。