診療科紹介
救急科
概要

当院は常勤の救急専属医はいませんが、各科医師が協力して24 時間365 日救急 対応を行っています。ベッドや各科受け入れの制限がない限り、通院患者のみならず、新患救急患者も積極的に受け入れています。

平日日中の救急車は、症状に応じて各科当番医師が対応し、科が特定できない症状には、救急新患担当医師が対応にあたります。また週1〜2回は嘱託医として北海道大学病院救急科の医師に日中の救急対応をお願いしております。

夜間・休日は,内科・外科の医師を中心に、毎日救急車対応専属医師が当直して対 応にあたっています。救急対応時は、上級医の指導のもと初期研修医も通常一緒に対応にあたります。札幌市二次救急医療体制には古くから加わり、2020年度までは札幌市内で唯一全ての二次救急当番診療科目に参画していました。2021 年度からも脳外科二次救急以外の全ての二次救急に参画しております。また循環器領域では札幌市ACSネットワークにも参加しております。これらの二次救急当番日には、各科専門医師も当直しています。

救急来院した重症患者についても、救急対応医とは別に、毎日集中治療室に専属医 師が当直しており、必要に応じていつでも集中治療を開始できるような体制をとっております。

診療実績

2020_qq.jpg

​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。