診療科紹介
救急科
概要

新病棟では救急外来機能が救急部1カ所に集約され、中等症から重症の救急搬送例に対応するための処置室が2室、一般診察室が3室、 他に経過観察ベッドが5床分整備されました。
また、当院は幌南病院時代より札幌市二次救急医療体制に関わってきましたが、現在札幌市内で唯一、全ての二次救急当番診療科目に参画する病院となっています。

平成19年4月には救急科を新設し、二次救急当番日のみならず365日各科内容の救急診療に対応可能な救急医療システムの構築を目標に掲げ、救急医療に関係する各診療科の協力・バックアップのもと、救急搬送、一般救急診療についての地域医療の需要に十分応えられるような診療体制の整備をすすめております。

ユニークな診療

集中治療センターを備えた全科に渡る高度な救急治療。

スタッフ
  • 南崎 哲史 特任部長
​​

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。