教育体制
教育方針
生涯教育の原理に基づき
  • 一市民、一国民、一人の人間としての社会生活を円滑に送り得る態度、能力領域の開発支援及び育成
  • 患者中心の看護が実践でき、倫理観あふれる専門職者の育成と自己実現への支援
  • 病院理念、看護部理念を踏まえ、組織目標の達成に貢献し得る能力領域の開発支援及び育成を目指す。

 

看護専門職として主体的、継続的なキャリア開発ができるよう、目標管理、 看護実践能力(クリニカルラダー)の段階的評価制度と教育システムを一体化し、個人の目標達成、成長をサポートするとともに、 より高い看護の実践力向上を目指しています。院内、院外の継続教育体制に加えて、体系的・継続的技術教育の一環として 認定看護師や専門看護師による院内認定制度を導入し、質の高いジェネラリストの育成を行います。現在は、 専門領域(認定看護師、専門看護師、等)を研鑽、追求できる専門コースとの二本立てのキャリア開発プログラムで教育が行われます。

教育体制

看護専門職として主体的、継続的なキャリア開発ができるよう目標管理、看護実践能力(クリニカルラダー)の段階的評価制度と教育システムを一体化し、個人の目標達成、成長をサポートするとともに、より高い看護実践力の向上を目指しています。

 

training01.jpg

一般コース

すべてのプログラムがクリニカルラダーの達成を目的として「新採用者研修」「看護実践系」「管理系」「教育・研究系」に分け、各カテゴリーがさらにビギナー・ミドル・応用コースでプログラムが組まれています。従ってそれぞれの段階を踏まえた教育が受けられる体制となっています。

また、集合研修とOJT(職場内教育)を一体化させたプログラムになっており、主に院内教育プログラムの中で実践・評価していきます。

専門コース

看護実践系、管理系、教育・研修系の3つのカテゴリーに分類し、エキスパートに育成を目的として主に院外教育として、短期・長期的なプログラムで実践します。

安全管理者、認定看護師、専門看護師、その他急性期看護、がんの領域、糖尿病、呼吸ケアなどの領域、実習指導者、看護管理領域の人材育成が目的です。

 

training02.jpg

 

院内認定コース

院内認定コースはジェネラリストの育成、スペシャリストへの道を施設内で開発・支援する人材育成が目的になっています。

緩和ケアコース

ELNEC-Jという緩和ケア教育プログラムで3段階で終了できるように構成されています。

【ビギナー】【ミドル1】【ミドル2】

救命看護コース

救急看護の基礎知識・技術からシミュレーション演習を用いたコースです。

急変対応のスペシャリストを目指したい方、一緒に学びましょう!

【ビギナー】【ミドル1】【ミドル2】

感染管理コース

感染管理に関する基本的知識や実践力を学習で得る内容だけでなく、教育や実践・指揮、管理に活かすことができるコースです。

ICNと共に現場の感染対策の役割をになってみませんか?

【ビギナー】【ミドル1】

褥瘡・スキンケアコース

褥瘡とスキンケアの基礎知識と技術、演習をまじえながら、実践につなげるアセスメント力をつけませんか?

【ビギナー】【ミドル1】

ストーマ・スキンケアコース

ストーマとスキンケアの基礎知識と技術、演習をまじえながら、実践につなげるアセスメント力をつけませんか?

【ビギナー】【ミドル1】

チーム医療研修

すべての職能が幅広い知識の習得やお互いの役割を十分に発揮していくために、協働して研修会を開催します。 それぞれの得意とする分野を受け持ち、技術の向上やチーム医療の発展を目指します。また、各部署の学習担当者の企画による多岐にわたる講演会、 勉強会が開催され、系統的かつ継続的な研鑽ができます。

委員会企画研修

安全管理、感染管理、救急、在宅医療、緩和ケア、がん、等々、現在・未来の医療・看護の充実に必要な多彩なテーマが採り上げられ、 病院のビジョンの共有や各自の目標の実現をサポートします。 

シミュレーション研修

当院では、高機能シミュレーターを用いた急変時対応研修を、1~2回/月の頻度で実施しています。実際に臨床場面で起こりえる事例を再現し、学習者自身が考え行動する、学習者中心の研修です。

研修講師は、当院の関連施設であるKKRシミュレーションラボセンターにおける研修、指導を受け、認定されたものであり、学習経験が自信に繋がる満足度の高い研修となっています。

また、大規模災害を想定した災害救急研修や、シミュレーター(人形)を使用した看護技術研修なども実施しています。

training05.jpg training06.jpg training07.jpg
看護師の専門性を活用した看護の質の保証

個々の力量を尊重しつつ、常に「力を発揮する」「引き出す」「支援する」「活用する」ことで、看護の質を保証する体制。

看護部長のスタッフ組織に「専門・認定看護師実践研究会」があり、看護教育や実践・コンサルテーションなど、お互いの専門領域で果たす役割を理解し、病院・看護部の理念に基づいた活動を行います。

 

 

training03.jpg

 

ジェネラリスト看護師

その時代に行ないうる最善の看護サービスが提供されることを保証するために、常に看護職としての態度、感性を洗練させ、根拠に基づく看護を実践する能力や各領域のスペシャリストを適切に活用しうる能力を持つ。

エキスパート看護師

資格を持たないジェネラリストとして十分な能力を持ち、科学的根拠と経験を活かしてチーム看護の向上に貢献できる。

スペシャリスト看護師

優れた知識、訓練、技術を実践する中で、看護の質の向上に多大な影響力を持つ。公の機関によって養成システムや個々の能力の審査を経て認定された看護師。

 

【専門看護師】

  • がん看護 2名

【認定看護師】

  • 皮膚・排泄ケア 3名
  • 感染管理 2名
  • 集中ケア 2名
  • がん化学療法看護 4名
  • 緩和ケア 1名
  • がん放射線療法看護 1名
  • 手術看護 1名
  • 小児救急看護 1名
  • 脳卒中リハビリテーション看護 1名

【認定看護管理者】

  • 認定看護管理者 3名