病院のご紹介
病院指標

平成30年度 KKR札幌医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2175 238 225 436 650 756 1578 2418 1770 345
平成30年度(平成30年4月1日~平成31年3月31日期間中)に退院された患者さんの入院時の年齢を10歳刻みで表したものです。
 当院の小児科は、小児アレルギー専門施設で小児二次救急に対応していることもあり、10歳未満の患者さんが多いのが特徴です。また、60歳代以降の患者さんも多い傾向にあります。幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術 なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 254 3.1 3.01 0% 70.21
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 156 5.88 4.47 1.92% 72.75
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術 なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 129 3.5 3.15 0% 71.33
050130xx99000x 心不全 手術 なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 18.68 17.66 20.69% 83.71
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 手術 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 6.5 5.50 3.23% 76.44
上3段は狭心症に対する診療のデータです.狭心症は心臓自体にエネルギーを送る血管(冠動脈)の狭窄により、労作時に胸痛や息切れを起こす病気です。

上段:カテーテル検査全体の中で、造影剤を使って血管の様子を調べた検査(血管造影検査)が主なものです。通常2泊3日で検査を行っております。
中段:狭心症の診断で入院され、カテーテル治療を受けた人数です.通常3泊4日で治療を行っております。当院では検査目的で入院されて,そのまま入院を継続して治療まで受けられる患者様の割合が多いため,平均在院日数が全国平均よりも長くなっています.患者様の「入院を継続して早めに治療をして欲しい」という希望に柔軟に対応した結果です。
下段:狭心症の検査入院でカテーテル検査を受けた人のうち,狭窄がみつかり,更にカテーテル治療を行うかを判定するために血管内に精密検査用のワイヤを入れて検査した人数です.

4段目は心不全に対する診療のデータです。心臓の機能が衰えたために息切れ、疲れやすさなどがおこるのが心不全です。若い患者さんは外来で治療することもあります。逆に年齢が高くなるほど心不全の患者さんは多くなり、入院が必要となることも多くなります。このような場合、回復しても体が衰えてすぐには帰れない場合が多く、リハビリなどをしっかり行った上で退院して頂いています。そのため、狭心症の患者さんと比較して心不全の入院患者さんは年齢が高く在院日数は長くなっています。

5段目は閉塞性動脈疾患に対する診療のデータです。主体は足の閉塞性動脈疾患であり、足にいく血管が動脈硬化で狭くなり、歩行時に足が痛くなったり、足が壊疽を起こしたりします。強い症状で入院し、カテーテル検査を経てそのまま入院を続けて治療に入ったりリハビリを行うため、平均在院日数は7日となっております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術 なし 手術・処置等1 あり 382 2.03 2.04 0% 55.4
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術 なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 111 3.5 3.43 1.8% 71.07
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 70 20.27 20.92 45.71% 32
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 69 21.88 19.06 7.25% 72.38
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術 なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 47 15.94 14.58 8.51% 74.36
 本表における睡眠時無呼吸症候群の入院は1泊2日の検査入院です。出来るだけ仕事に影響なく終夜睡眠検査が受けられるように、夕方18時に入院し翌朝7時に退院するシステムになっています。検査結果説明と治療は外来で行います。
 肺癌(肺の悪性腫瘍)は当科の入院患者の中心を占める疾患です。KKR札幌医療センターは北海道の「地域がん診療連携拠点病院」であることから我々は、当院の肺癌診療のみならず北海道全体の肺癌診療レベルの向上に貢献すべく日々努力しております。我々の肺癌診療の基本理念は「科学的根拠(実証による裏付け)に基づいた議論による方針決定」であり、実際には先進的呼吸器内視鏡検査(超音波内視鏡、胸腔鏡など)などを用いた診断、手術・抗癌剤(分子標的薬など最先端のものを含む)・放射線治療を中心とした治療を行っております。また苦痛を取り除く治療(緩和医療)においても、豊富な経験と実績のある専門医が早期から対応してくれます。近隣の医療機関から沢山のご紹介を頂き、肺癌患者さんの数は多くなっています。
 この中で、DPCコード 040040xx9910xxは気管支内視鏡による診断確定のための検査入院を表します。
 肺癌治療の重要な部分を占める抗癌剤治療は、当科では最先端の知識と経験をもとに最先端の薬剤で行っています。医学の急速な進歩によって抗癌剤治療は現在多岐にわたる薬剤の中から、患者さん毎に最適の組み合わせで治療を選択することが出来る個別化治療が進んでいます。そして使用する薬剤毎にDPCコードが異なります。DPCコード 040040xx9900xxは抗癌剤治療のごく一部を表しているだけですので見かけ上は第5位と少ないですが、実際にはすべてのコードを合計すると肺癌の抗癌剤治療患者数はこの数倍になり、睡眠時無呼吸症候群に次ぐ第2位です。
 誤嚥性肺炎は高齢化社会の進展に伴い近年全国的に急速に増加している病気です。DPCコード 040081xx99x00xにあたります。重症の場合は当院のような基幹病院に診療依頼が来ることがあります。また救急車を積極的に受け入れていますので、誤嚥性肺炎の患者さんが運び込まれることは増えています。ただし、この病気の多くは予防が重要で、抜本的な生活改善を必要とする場合が多く、それが可能な専門の病院と連携して診療しています。転院率が大きいのはそのためです。
 間質性肺炎とは、自己免疫病の一種で、予後や治療方針の異なる多彩な病型があり、専門家による詳細な診断によって治療方針が決定されなくてはならない病気です。呼吸器科医師・画像診断医師・病理診断医師がカンファレンスを行って正確な診断を行うことが理想とされています。当院では既にこのカンファレンスを取り入れて、豊富な経験を元に診療を行っています。原因不明の肺のレントゲン異常として近隣の医療機関からご紹介いただき、当科で診断がついて専門的治療を当科で引き続き行う場合が増えています。DPCコード040110xxxxx0xxがこれにあたります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 301 2.88 2.67 0% 66.31
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 手術 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 64 9.06 8.52 0% 74.05
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 61 9.59 10.08 1.64% 76.23
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 35 6.51 7.09 0% 74.29
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 30 6.57 5.42 3.33% 51.3
消化器内科は地域機関病院、急性期病院として、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、肝臓専門医、腫瘍内科専門医の常勤医と後期研修医で消化器全般の診療にあたっています。
昨年当科でDPC入院を行った件数は上記に示すとおりで、当科では大腸ポリープに対する内視鏡治療(ポリペクトミー)、消化管悪性腫瘍の内視鏡的手術が多く行われ、患者さんに負担の少ない内視鏡的治療は当科の主力になっています。
また総胆管結石、胆管炎など胆道疾患に対しても積極的に内視鏡治療を行っております。
代謝内分泌科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 35 13.2 13.9 0% 63.11
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 21 12.9 15.51 0% 68.86
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 16 17.31 15.14 0% 69.13
100380xxxxxxxx 体液量減少症 14 4.07 9.12 7.14% 74.86
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術 なし 手術・処置等1 あり 12 7.08 4.02 0% 62.25
代謝・内分泌・糖尿病内科は現在4人の医師が診療に携わっています。
表の上段3つが示す通り、代謝・内分泌・糖尿病内科に入院される患者さんの多くを占めているのが糖尿病の患者さんです。
初めて糖尿病を指摘され糖尿病の治療を開始するにあたり、入院して糖尿病の基本的な知識を身に着けるために糖尿病教室や栄養指導を受けていただき、食事療法や運動療法を学び今後の療養に役立て行くことと、患者さんにとって最適な治療法を選択することが入院の主な目的です。
また当院通院中あるいは他院通院中の患者さんで糖尿病の治療をしているにも関わらず、コントロールが安定しない患者さんの治療法を見直してインスリンの導入など最適な治療を選択するということも上段3つの入院目的に含まれています。
糖尿病教室や栄養指導は、糖尿病療養指導士の資格を有するスタッフ(看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師)が担当しております。
糖尿病は罹病期間が長くなってくると、眼や腎臓、動脈硬化などの合併症を起こしてくることもあり、その際には院内の眼科や透析科、循環器内科、心臓血管外科など他科と連携して専門的な治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術 あり 手術・処置等2 なし 69 13.75 11.87 1.45% 69.26
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 6.6 7.3 0% 61.13
060150xx03xxxx 虫垂炎 手術 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 48 4.9 5.49 0% 27.44
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 手術 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 44 4.95 4.96 0% 64.7
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 13.45 15.3 0% 73.16
手術は肺癌、大腸癌(結腸・直腸)、胃癌、膵臓癌、胆道癌、肝癌などの悪性疾患だけでなく、胆石症、虫垂炎、鼠経ヘルニア、気胸などの良性疾患も多数手がけています。
当科の特徴としては腹腔鏡・胸腔鏡を用いた手術が多く、悪性疾患・良性疾患に対して積極的に実施しています。
腹腔鏡手術は傷が小さく、出血が少なく、術後の痛みも軽いため、入院期間も短くなっています。また、拡大して観察しながら手術を行うため、開腹よりも緻密な手術が可能です。
同様に胸腔鏡手術も小さな傷で、緻密な手術を行っています。開胸とは異なり肋骨を切断しないため傷の痛みは非常に軽くなり、術後の肺炎も減少し、入院期間も短くなっています。
また術後長期にわたる肋間神経痛も胸腔鏡では少ないという利点があります。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 44 9.32 10.59 0% 64.32
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 41 6.04 6.23 0% 62.17
090010xx99x01x 乳房の悪性腫瘍 手術 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - 9.75 13.15 0% 71.75
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 手術 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - 6.85 6.52 0% 60.85
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術 なし 手術・処置等2 4あり - 9.75 4.28 0% 62.5
乳癌の診断から再発後の治療まで一貫して行っています。診断に関してはトモシンセシスという乳腺を1㎜ずつ断層にして見ることのできる最新鋭のマンモグラフィーを導入しており、これによって、従来のマンモグラフィーでは見えなかった腫瘍を見つけられる可能性が増しています。また乳腺内の細かな石灰化で診断が難しい場合はマンモトーム検査で確実に診断を付けることが可能です。手術に関しては、乳房温存とセンチネルリンパ節生検手が多かったのですが、最近は乳房全摘してエキスパンダーを挿入する手術も増えてきています。いよいよ乳癌領域にも免疫療法が使われるようになります。先に使用された肺がんや、腎がんなどの経験をいかし治療をしていきます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 247 4.61 6.19 0.4% 1.46
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり 244 1.14 2.14 0% 2.16
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 218 5.09 5.71 0% 3.84
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 181 3.77 5.42 0.55% 3.18
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 163 4.96 6.62 0% 3.36
 近年、札幌市内でのRSウイルス流行が通年性となっていることを反映して、1年を通して急性細気管支炎の入院が目立つ。また、インフルエンザ、アデノウイルス、ヒト・メタニューもウイルス等のウイルス性肺炎による入院も目立つ。また二次感染を含めた細菌性およびマイコプラズマ肺炎による入院も3位に入っている。ステロイド吸入薬の普及に伴って喘息発作による入院数は減少しているが、当科が気管支喘息を含むアレルギー疾患を専門領域としていることから、初回喘息発作の救急搬送や紹介患者を中心に多くの入院患者を診療している。ロタウイルスワクチンの普及でロタウイルス性腸炎の重症例は減少しているが、ノロウイルスやアデノウイルスを含めたウイルス性腸炎で入院加療を要することは多い。食物アレルギーの診断には負荷試験が重要であり、入院・外来合わせて年間約680例の負荷試験をおこなっている。特に重症化が予想される場合、食物依存性運動誘発性アナフィラキシーやいわゆる消化管アレルギーなどに関しては入院での負荷試験をおこなっている。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 手術 人工骨頭挿入術 肩、股等 56 25.88 26.3 53.57% 81.43
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 26 16.46 16.8 0% 74.23
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 25 23.28 21.39 4% 73.08
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術 なし 定義副傷病 なし 18 17.56 19.61 44.44% 82.89
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術 なし 16 24.63 21.47 68.75% 82.31
当院整形外科では、股関節近位部の骨折で入院される患者さんが最も多くなっています。
全身状態に大きな問題がなければ、ほとんどの患者さんは手術を受けられますが、高齢者や合併症のある方が多いため、術後のリハビリに時間がかかる場合は転院調整を実施しています。特に、股関節の人工骨頭置換術では認知症の患者さんでも手術後に人工骨頭の脱臼が起きにくいような手術手技で治療に取り組んでいます。
 次に多いのは転倒などで受傷する高齢者の脊椎椎体骨折の患者さんです。MRIで新鮮骨折の部位や有無を確認し、コルセットによる骨折治療と同時に合併する骨粗鬆症への治療にも介入しています。重症例ではテリパラチド製剤を用いた骨粗鬆症の薬物療法を積極的に導入しており、ステロイド性骨粗鬆症患者、骨脆弱性骨盤骨折患者でも良好な骨癒合や骨粗鬆症の改善が得られています。また、一部の患者ではバルーンを用いた椎体形成術も実施しています。
 脊椎手術では腰部の変性疾患に対する手術がほとんどを占めています。対象疾患は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアです。大半は後方除圧術単独で対応しており、多くの患者さんは手術後2週前後に退院されています。最近は腰椎椎間板ヘルニアの一部の症例でヘルニコアと呼ばれる注射を用いた治療も行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 8.79 9.69 7.14% 81.71
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 7.5 7.35 16.67% 73.17
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術 なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 12 12.08 16.18 0% 71.58
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術 なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 11 21.73 20.17 27.27% 73.64
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術 なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 21.13 18.72 37.5% 71.13
 当科では、脳腫瘍の治療にも力を入れておりますが、患者数のトップはやはり脳卒中です。近年、血圧の管理が徹底され脳出血の発症数が減っていることもあり、入院治療の対象となる疾患は脳梗塞が最多です。脳梗塞に対しては、急性期の血栓溶解療法及び血栓回収療法を始め最新の治療を導入するとともに、リハビリ科の協力を得て発症早期にリハビリを開始できる体制を整えています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 26 13.42 12.01 3.85% 78.38
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 18 18.11 20.61 0% 73.89
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 17 24.88 26.73 0% 71.18
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術 ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 16 23.56 24 12.5% 72.19
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 手術 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 24.08 28.37 15.38% 68.54
1)大動脈の病気の手術
 心臓のみならず大動脈の病気に対する手術も多い当科では、患者さんの負担を考慮し、標準治療である胸やお腹を大きく切る手術(人工血管置換術)の他に、小さな傷と体の負担(短い入院期間)で行える血管内治療(ステントグラフト内挿術)にも積極的にとりくんでいます。どのような大動脈瘤でも血管内治療が可能という訳ではなく、また負担が小さい分、根治しにくいという欠点もあるため、患者さんの状態に合わせて最適な治療を提供させていただきます。人工血管置換術では、頻度の多い弓部大動脈や腹部大動脈の手術のみならず、難易度の高い大動脈基部(大動脈弁温存)手術や胸部から腹部までの広範囲の動脈瘤(胸腹部大動脈瘤)も行っています。

2)心臓の病気の手術 
 心臓の手術では、弁膜症の手術や狭心症の手術を行います。弁膜症に関しては可能な限り自分の弁を切り取らずに修復する方針としており、また狭心症に対する冠動脈バイパス術については基本的に人工心肺装置を用いず心臓を動かしたまま行うオフポンプ手術を行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 109 5.36 6.16 0% 43.79
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 61 5.33 6.28 0% 43.39
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 58 9.91 9.7 0% 34.62
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 51 3.49 4.61 0% 65.59
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 定義副傷病 なし 36 3.19 4.52 0% 66.22
DPCコード120060xx02xxxxは子宮の良性腫瘍で腹腔鏡下で子宮を摘出する手術をした入院患者数です。
DPCコード120070xx02xxxxは卵巣の良性腫瘍で腹腔鏡下で卵巣腫瘍の手術をした入院患者数です。 DPCコード120180xx01xxxxは分娩で帝王切開などをした入院患者数です。
DPCコード120010xx99x50xは卵巣・卵管の悪性腫瘍(癌)で手術をせずにカルボプラチン+ドセタキセル(またはパクリタキセル)を使用した入院患者数です。
DPCコード12002xxx99x70xは卵巣・卵管の悪性腫瘍(癌)で手術をせずにベバシツマブを使用した入院患者数です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術 あり 410 2.8 2.84 0.98% 76.3
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術 あり 63 3.4 5.39 0% 79.49
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術 あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 11 5.36 7.05 0% 67.82
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術 あり - 6.33 9.75 0% 65.33
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術 あり - 4.4 6.16 0% 63.2
当院では、多くの白内障手術を行っており、平成30年度の実績は473症例です。局所麻酔での手術が難しい場合は、全身麻酔での手術も行っております。    
その他、糖尿病網膜症などの全身、疾患に伴う眼疾患は各科と連携し検査、治療にあたっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 50 7.16 7.89 0% 13.16
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術 なし 45 4.38 5.1 2.22% 70.87
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術 なし 41 6.2 5.43 0% 42.44
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 7 7.04 0% 57.1
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術 あり 24 2.17 3.17 0% 2.54
当科では頭頸部腫瘍専門外来を設けており、甲状癌をはじめとする頭頸部腫瘍の治療を積極的に行っておりますが、一般耳鼻咽喉科診療も行っており急性扁桃炎、急性咽喉頭炎で入院される患者数が多いです。子どもの滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ留置術や睡眠時無呼吸症候群治療であるアデノイド手術や扁桃摘出術も積極的に行なっております。慢性副鼻腔炎の手術は最新式のナビゲーションシステムを全症例に使用し、安全確実な手術を心がけて治療を行っております。近年、眩暈を主訴とする患者さんが多くなっており、脳神経外科と連携し必要に応じ末梢性眩暈症患者の入院治療も行っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 62 7.24 8.98 1.61% 68.63
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 36 9.42 12.51 11.11% 57.78
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - 7.38 10.65 0% 52.25
100100xx99x0xx 糖尿病足病変 手術 なし 手術・処置等2 なし - 19.5 22.09 33.33% 69.83
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - 7 10.3 0% 54.75
帯状疱疹は当院入院患者数のトップの疾患です。基本的には、抗ウイルス剤の点滴をします。急性期の疼痛管理と後遺症である帯状疱疹後神経痛を出来るだけ残さないような治療も並行して行っています。蜂窩織炎(蜂巣炎)は、抗生剤の点滴により加療を行います。入院期間は7~10日間ですが、患者さんの中には重症化する方もいます。そのような、患者さんに対しては、CTなどの画像検査や、外科的処置なども行っています。薬疹や非水疱性多形紅斑は、ご高齢の患者さんが増えた(薬剤を多種類内服している)ことなどにより増加傾向です。重症の場合、生命の危険も生じます。ステロイドを主体とした治療を行い、原因薬剤の特定なども行っています。動脈硬化、糖尿病患者さんの増加、高齢化により下腿潰瘍の患者さんも増えています。場合によっては循環器内科や心臓血管外科と協力しながら加療を行います。外科的な処置も含め、当院での治療が難しいケースは転院も検討し、患者さんに合わせた最適な治療を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 32 3.66 4.29 3.13% 75.59
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 17 9.94 12.58 0% 44.82
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 14 8.29 7.2 0% 80.14
110070xx97x00x 膀胱腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 13 6 7.9 0% 72.15
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 12 3 2.53 0% 67.08
水腎症の入院
水腎症に対する治療として、尿管ステント留置術もしくは腎瘻造設術を行う場合と、すでに尿管ステントが留置されている症例の尿管ステント交換術に関わる入院です。手術の説明(経尿道的尿管ステント留置術について)をご参照ください。

腎臓、尿路の感染症の入院
入院加療を必要とする泌尿器科的細菌感染症としては腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎といったものがあります。いずれも重症化して菌血症・敗血症となりうる疾患ですので、診断時に炎症所見(発熱の状態、採血データなど)が強いと判断された場合は、即入院、抗生剤点滴を軸とした集中治療をお勧めすることとなります。

膀胱腫瘍の入院
初発もしくは再発の膀胱腫瘍に対し、経尿道的膀胱腫瘍切除術を行うための入院です。手術の説明(膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的手術)をご参照ください。

前立腺針生検の入院
前立腺腫瘍マーカーであるPSAが高値であったり、直腸診にて前立腺癌が疑われる所見があった場合に行う検査です。麻酔下で経直腸的に前立腺の組織を針生検で採取します。入院は2泊3日になります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 80 14 20 39 - 54 1 8
大腸癌 43 34 28 50 22 51 1 8
乳癌 36 36 10 - - 33 1 8
肺癌 91 15 74 46 - 174 1 8
肝癌 - 10 - - - 19 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 当院は地域がん診療連携拠点病院として各種がんの診断から手術・放射線・抗癌剤治療、緩和ケア、そして終末期医療までも対応しております。胃癌・大腸癌に対しては手術療法はもちろん、内視鏡治療や抗癌剤治療を行っており、全ての病期に対応しております。乳癌は外来診療が主体であり、本統計よりさらに多くの患者を診療しております。肺癌は手術・放射線治療はもちろん、極めて多くの抗癌剤治療を行っており、入退院を繰り返すこともあり、Ⅲ期・Ⅳ期の進行患者が多くなっております。大腸癌および肺癌で病期不明が多いのは、初回検査入院のために病期診断が退院後につく患者が多いためです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 28 10.68 54.54
中等症 93 13.24 71.81
重症 51 20.1 81.37
超重症 13 14 76.46
不明 - - -
 成人の市中肺炎の重症度、平均在院日数、平均年齢を示しています。
 市中肺炎とは、日常の社会生活を送っている中でかかった肺炎の事をいいます。重症度は「年齢」「脱水の有無」「酸素不足かどうか」「意識の状態」「血圧低下による危険度」を基準に沿って評価し、その結果を合計したものです。数値が高い方が重症であると判断します。
 当院では、肺炎の重症度としては軽症の方が多いですが、これは連携医療機関からの紹介患者を多く受け入れていることと、合併症を持つ患者の入院治療も積極的に行っていることが要因と思われます。また高齢者は重症になりやすく、リハビリテーションや退院後の生活支援の準備も行うために、入院期間も長くなる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 73 27.74 76.14 35.62%
その他 - 21.29 70 42.86%
 脳梗塞の治療は、発症からできるだけ早期に開始することが望ましく、発症4.5時間以内であれば血栓溶解療法が、6時間以内であれば血栓回収療法が行えます。当院では、脳梗塞の超急性期の治療が可能です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 297 0.59 1.09 0% 66.77
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 139 3.42 3.88 2.88% 71.47
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 70 3.61 4.89 7.14% 76.41
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 67 1.15 7.25 0% 73.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 66 3.23 12.42 9.09% 76.79
 当院消化器科では胃癌・大腸癌をはじめとする消化管の内視鏡治療に積極的に取り組んでおり、多くの患者を短期入院で安全に治療しております。また、救急医療に力を入れていることもあり、循環器科では冠動脈疾患の治療を多数行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 1.06 4.28 0% 60.15
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 50 3.14 13.10 4% 72.22
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 48 0.44 3.46 0% 27.44
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 39 0.74 2.49 0% 49.41
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 39 1.69 13.95 2.56% 69.31
 当科の対象疾患は消化器・一般・呼吸器の良性および悪性疾患です。悪性疾患では大腸・肺・胃が多く、肝臓・膵臓も多いのが特徴です。良性疾患では急性虫垂炎、胆石胆嚢炎、鼠径ヘルニアの手術が多いです。
 特徴としてはどの疾患でも腹腔鏡・胸腔鏡を用いた内視鏡外科手術が大部分を占めていることです。
 高齢の患者さんに対しても内視鏡外科手術は比較的安全性が高く、入院期間を短くすることができます。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 43 1.00 4.12 0% 62.49
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)) 25 1.04 7.04 0% 64.72
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの) 11 1 8.09 0% 68.73
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))) - 1 7 0% 55.83
K474-2 乳管腺葉区域切除術 - 1 1 0% 75.50
乳癌の診断から再発後の治療まで一貫して行っています。診断に関してはトモシンセシスという乳腺を1㎜ずつ断層にして見ることのできる最新鋭のマンモグラフィーを導入しており、これによって、従来のマンモグラフィーでは見えなかった腫瘍を見つけられる可能性が増しています。また乳腺内の細かな石灰化で診断が難しい場合はマンモトーム検査で確実に診断を付けることが可能です。手術に関しては、乳房温存とセンチネルリンパ節生検手が多かったのですが、最近は乳房全摘してエキスパンダーを挿入する手術も増えてきています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 14 2.50 2.93 0% 0.64
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) - 0 2.14 0% 0.14
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) - 0 7 0% 0
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - 95.00 26.00 0% 43.00
 小児の発熱の原因として急性中耳炎があり、近年の肺炎球菌およびインフルエンザ桿菌ワクチン接種の普及により減少したものの、鼓膜切開を要する症例が存在する。また深頚部膿瘍も抗生剤で十分な効果が得られない場合には耳鼻咽喉科に依頼して切開術を要する症例がある。腸重積は消化管感染症の流行によりその数は左右されるが一定の数があり、発症後時間を経たものは外科手術の適応となる。多くは当院外科で対応しているが、他の緊急手術等で対応不能時には小児外科専門施設への紹介例もある。産科における年間分娩数が440例程度あることから新生児仮死も少数ながら見られるが、小児科医立ち会いの下に適切な対処を行っている。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 48 3.65 20.92 45.83% 81.44
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 42 2.33 16.64 0% 70.21
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 29 4.07 20.93 13.79% 74
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 26 3.15 22.08 3.85% 73.35
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 2.95 19.35 60% 84.10
 当科では、患者層が主に高齢者であるため、変性疾患や骨粗鬆症を合併する患者を扱うことが多いのが現状です。特徴的なことは、他院で管理困難な合併症を抱えた高齢及び超高齢の整形外科患者の手術や保存療法に当たっていることです。
 脊椎手術は2名の脊椎外科指導医が担当しており、首や腰の手術をメインに行っています。また、高齢者が転倒した後に多い大腿骨頸部骨折の手術では、術後にインプラントの脱臼が起きにくい手技で対応しています。一方、肩や肘、手関節などの怪我の症例では、北大から診療応援に来ていただき、専門外来や手術をお願いしています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術・除去術(穿頭による) 14 2.00 9.00 14.29% 79.71
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 1.80 6.40 0% 73
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - 0.33 30 33.33% 67.33
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) - 2 13 0% 63.67
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - 34 38.5 50% 87
 当科では、平成27年より、血管内治療ができる体制が整いました。未破裂動脈瘤のコイリング、内頚動脈狭窄に対するステント留置を行っていますが、急性期の破裂動脈瘤(クモ膜下出血)に対するコイリングや、急性期の梗塞に対する血栓吸引療法も開始しました。勿論、脳動脈瘤に対する開頭による治療や、脳腫瘍摘出も行っております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 29 3.59 10.59 10.34% 79.24
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 21 5.19 20.81 4.76% 70.86
K5551 弁置換術(1弁のもの) 16 7.44 20.25 6.25% 73.38
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 15 4.73 12.73 0% 71
K560-21 オープン型ステントグラフト内挿術(弓部大動脈) 14 6.64 23 7.14% 71.79
1)大動脈の病気の手術
 心臓のみならず大動脈の病気に対する手術も多い当科では、患者さんの負担を考慮し、標準治療である胸やお腹を大きく切る手術(人工血管置換術)の他に、小さな傷と体の負担(短い入院期間)で行える血管内治療(ステントグラフト内挿術)にも積極的にとりくんでいます。どのような大動脈瘤でも血管内治療が可能という訳ではなく、また負担が小さい分、根治しにくいという欠点もあるため、患者さんの状態に合わせて最適な治療を提供させていただきます。人工血管置換術では、頻度の多い弓部大動脈や腹部大動脈の手術のみならず、難易度の高い大動脈基部(大動脈弁温存)手術や胸部から腹部までの広範囲の動脈瘤(胸腹部大動脈瘤)も行っています。

2)心臓の病気の手術 
 心臓の手術では、弁膜症の手術や狭心症の手術を行います。弁膜症に関しては可能な限り自分の弁を切り取らずに修復する方針としており、また狭心症に対する冠動脈バイパス術については基本的に人工心肺装置を用いず心臓を動かしたまま行うオフポンプ手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 86 1 4.15 0% 46.59
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 67 0.99 3.31 0% 42.91
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 46 3.41 7.7 0% 34.63
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 44 0.98 3.84 0% 38.77
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 36 2.81 8 0% 33.78
K877-2は主に子宮筋腫の診断で開腹をせずに腹腔鏡下で子宮を摘出する手術です。
K8882は主に卵巣腫瘍の診断で開腹をせずに腹腔鏡下で卵巣と卵管を摘出する手術です。
K8982は主に既往帝王切開などで分娩方法をあらかじめ予定施行した帝王切開術です。
K872-2は子宮筋腫の診断で開腹をせずに腹腔鏡下で筋腫を摘出する手術です。
K877は主に子宮筋腫の診断で開腹をして子宮を摘出する手術です。
腹腔鏡下手術年間約242件中、1)子宮全摘術 86件 2)付属器摘出術 67件 3)筋腫核出術 41件 でほとんどを占めます。帝王切開は年間82件ですが、選択帝王切開は46件で残り36件が緊急帝王切開となります。いずれも、手術前日入院を基本としていますが、状況により当日入院となる場合は1を切ります。術後のパスは上から4日、3日、7日、4日、7日ですので状況により実際のデータとなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 472 0.89 0.94 0.85% 76.69
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 22 0.86 3.77 0% 64.77
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - 0.33 3 0% 60.67
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - 0 1 0% 3.5
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - 5.00 9 0% 88
当院では、数多くの白内障手術を行っております。また、網膜前膜や黄斑円孔などの網膜硝子体疾患を小さな切開創で行う"硝子体手術(硝子体茎顕微鏡下離断術)"も月に1回手術日を設けております。白内障・硝子体手術は、最新式の機械"コンステレーション"を導入しています。いずれの手術も切開創が小さく、入院期間は短期間です。白内障手術は、1泊2日もしくは2泊3日で行っております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 58 1 5.74 0% 16.4
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 25 1 0.48 0% 2.6
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 1.22 5.04 0% 56.61
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 15 1 6.87 0% 58.73
K4611 甲状腺腫摘出術・切除術(片葉のみの場合) 12 1 6.17 0% 53.92
当院では、甲状腺腫瘍の診断のため超音波検査を行う生理検査部、細胞・組織の診断を行う病理部と綿密な連携をとり診療にあたっております。
診断において重要となる超音波検査は、耳鼻科外来、生理検査部共に最新の機器を用いておこなっており、また甲状腺腫瘍に精通した技師が担当しています。
また、細胞診による検査ではいち早く液状化検体細胞診(LBC)を導入し手術前の診断率が向上しております。
手術においては、かなり進行した症例も多数行っており、症例によっては心臓血管外科、胸部外科と連携し手術を行っております。
 当院では、鼻内内視鏡下副鼻腔手術において、最新式のナビゲーションシステムである アメリカMedtronic社の StealthStationを全症例に使用しております。
これは、磁場を使用したナビゲーションシステムで、これの導入により眼近くや脳の近くでの手術操作が安全にできるようになり、副鼻腔手術で問題となる眼窩内合併症や頭蓋内合併症の予防に非常に役に立っております。
また、手術後一般的に行われている軟膏付きガーゼでの圧迫は行わず、アルギン酸を主成分としたソーブサンRを使用することにより、激しい痛みを伴う手術後のガーゼ抜去が必要なくなっております。
 当院では、小児から大人まで幅広い年齢層の扁桃摘出術を行っております。
病気としては、反復性扁桃炎、睡眠時無呼吸症候群、掌蹠膿疱症などの病巣性扁桃炎などを主に行なっています。
特に小児の睡眠時無呼吸症候群ではアデノイド切除を同時に行うことが多く、アデノイド切除の際は内視鏡下にてサクションコアギュレーターという特殊な器械を使用することにより、安全で出血を軽減させる手術法を選択しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 45 1.31 3 2.22% 76.62
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 24 1.17 5.5 0% 78.17
K800-2 経尿道的電気凝固術 20 3.7 6.15 5% 70.85
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) - 1 5 0% 78
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - 5 11.67 0% 63.67
経尿道的尿管ステント留置術について
腎臓で作られた尿は尿管という細い管を通って膀胱へ流れていきます。成人の尿管は約25cm前後の長さがあります。この尿管の途中で通過障害が生じ、尿の流れが堰き止められて腎臓寄りに尿が停滞する状態を水腎症と言います。通過障害の原因疾患としては、尿管結石、尿管腫瘍、尿管狭窄、周囲(腫瘍性病変、炎症など)からの尿管の圧迫など多岐に渡ります。尿の通過障害を改善して水腎症を治療する目的として、尿管の通過障害部を橋渡しするように専用の管を尿管内に置いてくる手術が経尿道的尿管ステント留置術です。当院では手術室で麻酔下に行なっております。この手術は、一時避難的な姑息的治療として行う場合と、根本的治療として行う(すなわち生涯尿管ステントを抱えることになる)場合とがありますが、それは尿管の通過障害を引き起こしている疾患の内容・治療経過によります。尿管ステントを長期必要とする場合は約3ヶ月毎にステントの交換が必要となります。交換術は3~4日間の入院で麻酔下に行なう場合と外来日帰りで行う場合があります。

膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)について
電解質溶液利用のものとその他のものとがありますが、基本的に同じ手術です。
膀胱腫瘍(主に膀胱癌)に対する手術であり、尿道を通して切除用の電気メスを膀胱内へ挿入し、内視鏡下に膀胱腫瘍を削り取ってきます。手術の性質上腫瘍を一塊として切除するのではなく、断片化しながら全てを削り取ることを目標に行います。腫瘍の状態にもよりますが、可能な限り根こそぎ削り取る為に、膀胱壁の一部も削り取ることになります。手術後は膀胱の傷の安静の為に、尿道からカテーテルを留置し、尿が自然に集尿袋に流れるようにします。このカテーテルの留置期間は手術による傷の大きさ、深さによってその都度決めさせてもらいますが、平均では4日間です。カテーテル抜去後問題なく排尿できることが確認できましたら退院となります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 15 0.14%
異なる - -
180010 敗血症 同一 45 0.42%
異なる 18 0.17%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.08%
異なる - 0.02%
180040 手術・処置等の合併症 同一 - 0.01%
異なる - 0.05%
 当院では重症肺炎を中心とする感染症の難治例の紹介が多く、敗血症を呈する患者がみられます。しかし、播種性血管内凝固症候群、敗血症ともに全国平均と比べるとはるかに少ない症例数です。
更新履歴
2019/09/30
新規作成

お探しの情報が見つからない方はこちらからどうぞ。お問い合わせの多いページをまとめております。