現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各科・診療のご案内
  3. 中央診療部門
  4. 健康管理センター(人間ドックのご案内)

健康管理センター(人間ドックのご案内)

<お知らせ>

昨年1月より改築しておりました当センターは、平成29年2月竣工、4月より新たにオープンいたしました。
これまで以上に受信者の方々に満足していただけるよう、万全の態勢でお待ち申し上げます。

検診内容

人間ドック
  • 検査後、医師からの結果説明があります。(改築中は午後1時の開始です)
  • オプション検査(予約制となっております)
    • 子宮癌検診(頸部のみ、頸部と経膣エコー、頸部と経膣エコーと体部の検査)
    • 乳癌検診(触診のみ、マンモグラフィと触診)-甲状腺健診は行っておりません(H29.4~ マンモグラフィのみ)
    • 大腸内視鏡検診
    • 骨密度
    • 動脈硬化(ABI)検査
    • 頸動脈超音波(エコー)検査
    • 脳ドック(MRI)
特定健康診断
乳がん検診(札幌市)
肺がんヘリカルCT健診
定期健康診断
  • 年に1度の定期的な健診をおすすめいたします。
  • 事業所単位でお申し込みください。

設備内容

  • CRシステム(コンピューテッドラジオグラフィ)
    • 被曝線量の少ない最新型コンピュータ画像処理システム
    • CR用X線TV装置(胃部)
    • CR用胸部撮影装置
  • 眼底カメラ(無散瞳)
  • 超音波診断装置(腹部エコー)
  • 電子内視鏡ビデオシステム
  • 高精度骨密度測定装置

施設(新センター 平成29年4月~)

  • 1階 玄関入口
  • 2階 受付・事務室・計測室・ロビー・ロッカー室
  • 駐車場 病院正面駐車場無料利用可

担当医

面接医師
面接医師 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
ドック 西浦 赤坂 赤坂 西浦

鈴木
(第1、3、5週)

今野
(第2、4週)

特定健診       西浦
(第1、3週)
 
内視鏡医師
石橋 陽子 
山口 由美子

健康管理センター 脳ドック

脳ドックの目的と診断可能な疾患

麻痺、しびれなど特別な症状がなくとも脳梗塞や脳出血のちいさな痕がみつかることがあります。
また、破裂して出血を起こすまで全く症状が出ない血管の病気(特に脳動脈瘤)が潜んでいる可能性もあります。
脳ドックはこのような無症状の人を対象に核磁気共鳴装置(MRI、MRA)による画像検査を中心に、脳の病気および脳血管疾患とその危険因子を発見し、その症状あるいは進行を防止することを目的としています。

当健康管理センター脳ドックで診断可能な疾患の主なものは次の通りです。

  • 症状の出ない脳梗塞 (無症候性脳梗塞)
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 脳卒中の危険因子
  • 症状のない頸部、頭部血管閉塞、狭窄
  • その他の脳疾患 (脳腫瘍、水頭症など)

 

 

検査内容
画像:MRI

検査は磁場を用いた診断装置である、MRI(時期共鳴断層撮影)を用います。
MRIとは磁力と電磁波を利用して身体の横断面の画像をとり、診断する方法です。

MRAは、MRIの技術を用い、頸部と脳の血管だけを浮き上がらせて画像にする検査です。
血管の閉塞や狭窄、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の診断に威力を発揮します。

当院では1.5テスラという最高の解像度を持つ最新鋭のMRI(東芝社製、EXCELART)を使用し、極めて精度の高い画像による診断を行っております。
撮影時間も10~20分程度と短時間で終了いたします。

 

検査後の説明

受診当日、検査終了後に診察が行われ、脳外科医師が受診された方にMRIの結果を 直接ご説明いたします。
したがって、万一、異常所見が見つかった場合でも、適切な早期治療や予防方法について、 受診者にご納得いただくまで十分な説明や指導ができると思いますので、不安を最小限に 抑えることができます。


申し込み方法
予約制となっております。
人間ドック、各種健診のお申し込みは、受信希望日より2週間前までには電話で予約をお願いいたします。
また、脳ドックは強力な磁場を用いて検査しますので、検査の出来ないことがあります。
脳ドックの注意事項をご確認ください。


脳ドックの注意事項
MRI装置の性質上、以下の方は検査出来ません。
  • ペースメーカーおよび人工内耳装着者
  • 脳動脈瘤の術後 金属製のクリップが問題になります。最近では検査可能なクリップが使用されるようになってきていますが、クリップの種類によっては画像に影響するものがあります。また、古いクリップでは磁力で移動することがあるため大変危険です。
  • 体内金属 手術や外傷などで体内にある金属も磁力に影響されます。殆どの場合は危険がなく検査出来ますが体内に金属がある方は医師にご相談ください。また、義歯に用いられている金属が画像に影響を与え診断が出来ないこともありますのでご了承く下さい。
  • 妊娠中の方 現在のところ胎児には影響があまりないと考えられていますが、妊娠初期には避けるよう指導されています。
  • 暗所、閉所恐怖症の方
  • 刺青・アートメイク、ネイルのある方
  • 化粧をしていますと検査が出来ませんので、検査を受ける際にはお化粧は落としていただきます。

お問い合わせ先

健康管理センター事務室

   問合せ時間:13:30~16:30(土日祝除く)

  • 電話番号: 011-832-3099
  • ファックス番号:011-832-3086