現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 医療関係者の方へ
  3. 検査・医療機器のご紹介

検査・医療機器のご紹介

平成27年度導入

X線アンギオグラフィ(東芝 INFX-8000C)

循環器用血管造影装置を更新しました!
X線アンギオグラフィ

 当院にはカテーテル室が2室あり、1室は循環器科専用で、もう1室は全科で使用しています。この度、2015年10月1日より、循環器科専用カテーテル室の血管造影装置を、東芝のINFX-8000Cという最新装置に更新するとともに、カテーテル室の内装も一新しました.

 

 今回の装置更新により、モニターが50inchの大画面になり、様々なデータを一度に画面に映し出しながらの治療が可能になりました。また画質も向上し、被曝線量も低減されました。

 

 当科では、2015年のカテーテル治療件数が心臓280件、末梢血管89件といずれも札幌で有数の治療実績があり、これに最新式の機器が加わりました。今後、当院で治療を受けられる患者様には、これまでにも増して質の高い治療を提供できるものと考えております。