現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 患者さんへ
  3. その他のご案内
  4. 宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の対応について

宗教上の理由による輸血拒否に対する当院の対応について

当院では、相対的無輸血の基本方針に則り、宗教上の理由による輸血拒否について対応いたしますので、何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

基本方針

  • 輸血を行う可能性がない検査および治療に関しては、すべての患者さんに対して本人にとって最善の診療をいたします。
  • 輸血を必要とするような出血の可能性が予想される検査および処置、手術、分娩などの治療を行う場合は、輸血を行わないためのできる限りの努力はいたしますが、生命に危機が及び、輸血を行うことによって死亡の危険が回避できる可能性があると判断した場合には輸血を行います。この場合、輸血同意書が得られなくても輸血を行います。
  • エホバの証人の方が提出される「免責証書」は絶対的無輸血治療に同意するものですから署名・捺印はいたしません。
  • 以上の方針は、患者さんの意識の有無、成人と未成年の別にかかわらず対応にかわりはありません。
  • 自己決定が可能な患者さんや、患者さんの保護者、または代理人の方に対しては、当院の方針を十分に説明しご理解を得るよう努力いたしますが、どうしてもご同意を得ることができない場合は転院をお勧めいたします。
[相対的無輸血]
患者さんの意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至ったときには輸血をするという立場・考え方

[絶対的無輸血]
患者さんの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。